代表メッセージ

​MESSAGE

​ひとりで子育てを頑張っているあなたへ

 電車に乗った時、街で人とすれ違った時、

お店でこどもが笑った時、朝から晩までお母さんたちは、

どれだけ周りに「すみません。」を言っているのでしょう。

なんだか最近、怒ってばっかり。

そんなお母さんたちの姿をこどもたちはずっとそばで見ています。

 

「ママ、僕といるとき、謝ってばっかり。」

「ママに笑って欲しくて ちょっとおふざけしたのに ママ、怒ってる。

お外で楽しくするのは”いけないこと”なのかな。」

こどもたちはそう思っているのかもしれません。

そんな中で育つ日本のこどもたちは、

先進国の中でも圧倒的に自己肯定感が低く、

また、悲しいことに幸福感も低いというデータが出ています。

大人の暮らしやすさを 追求していったら街からは、

自然も公園も児童館もどんどんなくなりました。

公園はいつしか喫煙所になりました。

あれもダメ、これもダメの大人が中心の社会。

私たちは、こどもたちが、ただ、こどもらしく、

笑いたい時には好きなだけ笑って、泣きたい時には気が済むまで泣いて、ケラケラ笑いながら思いっきり体を動かして遊べる、

そんな、特別ではない当たり前の日常を、こどもたちの居場所を、都会の真ん中に作りたいと思いました。

そして、答えのないミライをそこに来るこどもたちと一緒に、研究しながらつくっていきたいと思って「ミライ∞LABO」という名前にして、

真ん中にはこどもたちの可能性を表す無限マーク「∞」をつけました。

それが、ミライ∞LABOの始まりです。

 私たちが大切にするのは、「人生の縦割り保育」です。

私たちの園には、大学生が子育てを学びに来たり、独身の人も結婚している人も、こどもがいる人もいない人も色んな人がいます。

私たちの園では、車椅子に乗っている方も、支える側としてこどもたちの笑顔を一緒につくってくれています。

 「こどもは社会の宝物。」

こどもの笑顔を真ん中に、みんなで育てたいと思っている人たちが、自然と集まる環境がここにあります。

 そして、色んなラベルや境界線がどんどんあいまいになって、まるで虹のようにグラデーションになって、誰ひとり取り残さない社会を、まずは小さなこの園から、大人もこどももみんなで一緒に、つくっていきたいと思っています。

「一人っ子が10人集まれば10人きょうだい。」

 今の時代、都会は特に一人っ子が多いですが、私たちのラボでは、異年齢保育の中、3歳が1歳の子のお靴を履かせてあげたり、1歳が0歳にミルクをあげてくれたりします。笑

上の子はお世話好きに、下の子は上の子を見て

ぐんぐん成長していきます。

「誰かができないことは、みんなで協力すればなんだってできる」

こどもたちは、それを自然と体で感じて身につけていきます。

「ママだって本当はいつもニコニコしていたい。」

 

ママが笑顔になるには心のゆとりが、

ほんのちょっと、一息つく時間が必要です。

お母さん達は、もう十分すぎるほど 頑張っているから。

お母さんが笑っていてくれたら、

こどもたちはそれだけで、十分幸せなんです。

こどもの笑い声から始まる幸せの循環を。

世間や常識、誰かの意見ではなく、お母さん自身が「母親」としてのわたしでなく、たった一人の「わたし」に戻って、子育てを見つめ直せる心のゆとりが生まれるよう、私たちが少しでも力になれたら幸いです。

 

株式会社ミライLABO

​代表 白井 智子

代表プロフィール:

白井 智子

TOMOKO SHIRAI

 

​(株)ミライLABO代表取締役

脳科学幼児教育「ギフト教育」講師一期生。

またプライベートでは一人っ子男児のママ。独身時代は、ホテルにて新卒・社会人教育を担当、7年勤務したのち出産を機に退職。都会での孤独な子育てに育児ノイローゼを経験。社会復帰後、子どもから「ママがこどもの城を作ってよ」という言葉で、理想の遊び・学び場を作ろうと決意。16年、ミライLABOを設立し、現在に至る。

私たちの想い

​OUR POLICY

理念.png

園の特色

OUR FEATURE

過ごしかた

​DAILY LIFE

園の概要・アクセス

OUTLINE・ACCESS

​お気軽にご見学ください

​ご見学やご相談・入園申込については随時、受付中です
(土日も見学可能ですのでお気軽にご相談ください)

Copyright©MIRAILABO-KIDS All Resevered.